防災について考えよう「今年度内に防災計画を改定したい」石阪丈一市長-町田市


防災について話す石阪丈一市長

9月1日は東日本大震災後初の防災の日です。食料の備蓄や非常時の明かりの確保をはじめ、家具転倒防止や、避難経路の確認などやっておくべきことがより明確になったという方も多いのではないでしょうか。

町田市では、東日本大震災を受けて現在、町田市防災計画の見直しを進めているそうです。石阪市長のメッセージを読みつつ、日頃の備えについて一緒に考えてみましょう!

―3月11日の東日本大震災以降、防災について町田市で改良すべき点、新たに取り入れるべき項目などありますか。

【情報源】
防災を考える 町田 タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0304/2011/09/01/115908.html

この記事を印刷する