障害者が職業技能を競う大会「アビリンピック神奈川2011」歯科技工、パソコンデータ入力、喫茶サービスなど14種の競技を見学できます-相模原市


アビリンピックのようす


アビリンピックは、障害のある方が日頃職場などで培った技能を競う大会です。障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに、広く障害者に対する社会の理解と認識を高め、障害者の雇用の促進と地位の向上を図ることを目的として開催されています。

アビリンピックは全国各地で行われおり、全国大会もあります。地方大会である「神奈川県障害者技能競技大会 アビリンピック神奈川2011」は、今年で9回目の開催。神奈川県と、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構が主催しています。

大会の出場者は、神奈川県内に居住または神奈川県内の事業所に勤務、神奈川県内の職業能力開発施設等に在籍する身体障害者、知的障害者、精神障害者の方々です。

大会種目はDTP、電子機器組立、歯科技工、ビルクリーニング、パソコンデータ入力、裁縫、喫茶サービスなど全14種類あります。

この大会は、障害者のご家族や職場関係者をはじめ、支援する地域の皆さんや、障害者の雇用に理解を深めたい企業の方々、一般の方にも開放され自由に見学いただけます。ぜひ、競技が行われている午前中に直接会場へお越しください。入場無料です。

◆神奈川県障害者技能競技大会 アビリンピック神奈川2011開催概要

開催日:11月19日9時50分~16時
会場:神奈川障害者職業能力開発校(相模原市南区桜台13-1)

競技方法:
(1)競技は実技のみ行います。
(2)競技時間は2時間程度です。
(3)競技に使用する機器は主催者が用意します。
(4)競技成績の評価にあたっては障害の種類、程度は考慮されません。

表彰:競技成績が優秀な方には賞状を授与するとともに、メダルを贈ります。

参加料:無料です。

その他:第33回全国障害者技能競技大会(平成24年10月開催予定)における開催種目と同じ競技種目において最も優秀な成績を修めた方は、同大会への参加を推薦することがあります

【情報源】
第9回神奈川県障害者技能競技大会 アビリンピック神奈川2011 – 神奈川県ホームページ
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7064/

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構ホームページ
第9回神奈川県障害者技能競技大会~アビリンピック神奈川2011~
http://www.jeed.or.jp/activity/abilympics/9th_kaisai.html

【関連記事】
障害者の職場定着を支援するボランティア「かなジョブエール」1期生の北野明美さんに聞く かなマグ.net
http://kanamag.net/archives/17790

この記事を印刷する