川崎市が区役所等でのインクカートリッジ回収を全市展開へ-年間の回収見込みは約28,400個!


 回収したカートリッジはリサイクル可能資源として有効利用されるほか、回収1個当たり3円が国連環境計画(UNEP)に寄付され、環境保護活動に活用されます。昨年度はプロジェクト全体で約160万個の回収実績があり、66トンのCO2削減効果につながったそうです。

 川崎市は7月1日から、家庭から排出される使用済みのプリンター用インクカートリッジを区役所等で回収する「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」の全市的な展開を開始する。

 この取り組みは、昨年9月から同市が県内初の取り組みとして行っていた役所等でのインクカートリッジ回収を、これまでの2カ所(幸区役所、同区日吉出張所)から市内19カ所に拡大して実施するもの。

【情報源】川崎市が区役所等でのインクカートリッジ回収を全市展開へ Keep Green & Blue Fm yokohama 84.7
http://eco.fmyokohama.co.jp/news/13254

この記事を印刷する