かながわのご当地ゆるキャラも来場!太陽光発電のことがわかる「かながわソーラーフェア」を横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催します。


「かながわソーラーフェア」のパンフレット(「かながわソーラーセンター」ホームページより)

「かながわソーラーフェア」のパンフレット(「かながわソーラーセンター」ホームページより)


神奈川県は、太陽光発電について県民に広く知ってもらうため、1月を「かながわソーラー月間」と位置付けるとともに、そのメインイベントとして1月26日(土)、27日(日)、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて「かながわソーラーフェア」を開催します。時間は両日ともに10時から16時まで。

「かながわソーラーセンター」主催の太陽光発電全般に関する出張相談会が行われるほか、秋葉原のエンターテインメントカフェによるアニソンカバーライブ、キッズホップダンスなどイベント盛りだくさん(詳しいスケジュールは下記、引用先をご参照下さい)。B級グルメの屋台も出店します。さらに27日(日)は、県内のご当地キャラが登場する「ゆるキャラ大集合」も開催されますので、お気軽にご来場下さい。

神奈川県では、「創エネ」「省エネ」「蓄エネ」の取組を総合的に進め、効率的なエネルギー需給を地域において実現する「かながわスマートエネルギー構想」を推進しており、この構想の中心となる太陽光発電の普及拡大に向けて、設置費用に係る負担の軽減を図る「かながわソーラーバンクシステム」を実施しています。

【引用元】
かながわソーラーフェア開催について(かながわソーラーセンター)
http://kanagawasolarcenter.com/solarfair.php

この記事を印刷する

噛まれるとご利益がある!? カナガワニなど、ゆるキャラも大集合(25日のみ)!JR相模原駅周辺で「さがみはらフェスタ2012」開催中。


さがみはらフェスタ2012 ホームページ

さがみはらフェスタ2012 ホームページ


11月24日(土)、25日(日)、相模原市「在日米陸軍相模総合補給廠」にて、「さがみはらフェスタ2012」を開催中。時間は10時から17時。入場無料。

メーンテーマは「はやぶさの故郷 潤水都市さがみはら」。今回は銀河連邦友好交流25周年を記念して、はやぶさ・宇宙・銀河にまつわる様々なイベントが予定されています。相模原市の友好都市、近隣都市の味覚を堪能する「銀河連邦物産展」、ラーメン激戦区、相模原の猛者が集う「さがみはららぁ麺グランプリ」、相模原市緑区のイメージキャラクター「ミウル」を筆頭に、「えび〜にゃ」(海老名市)などのゆるキャラが相模原に集結。噛まれるとご利益があるというウワサのカナガワニ(テレビ神奈川)もやってくる「ゆるキャラ大集合」(25日のみ)も行われます。

さらにJR相模原駅ビルNOWの市民ギャラリーにて「松本零士世界展」も同時開催。「さがみはらフェスタ2012」の会場で松本零士さんのトークショー(24日15時30分〜)も行われます。イベント盛りだくさんの「さがみはらフェスタ2012」へ是非、ご家族でお出かけ下さい。

2010年4月、全国19番目の政令指定都市として新たなスタートを切った相模原市。それを記念する祭典として「潤水都市さがみはらフェスタ」が平成22年11月20日・21日に開催され、2日間で21万人もの方々にお越しいただき、大変ご好評をいただきました。2011年からは装いを新たにし、相模原市のシンボルイベントとして、「はやぶさの故郷 潤水都市さがみはらフェスタ」として開催されています。

【引用元】
さがみはらフェスタ2012
http://www.sagamihara-festa.com/

この記事を印刷する