川崎市・東芝科学館で、同館スタッフの杉谷良四郎氏によるわくわく実験ショー「風船と空気でサイエンス」を開催します。


東芝科学館 ホームページ

東芝科学館 ホームページ


川崎市・東芝科学館で12月25日(火)、わくわく実験ショー「風船と空気でサイエンス」を開催します。時間は11時から12時(開場10時30分)、14時から15時(開場13時30分)。定員は先着250名。参加費無料。※小学2年生までは保護者同伴。

同館スタッフである杉谷良四郎氏による恒例の実験ショー。今回は大小の風船を使った実験と身近な空気の重さや力を体験します。今年のクリスマスは、親子で科学の不思議に触れてみてはいかがでしょうか?お気軽にご参加下さい。

【引用元】
特別開催 社会科見学・実験教室・産業観光(東芝科学館)
http://kagakukan.toshiba.co.jp/taiken/event/2012/event_winter121225_d_j.html

この記事を印刷する

【動画】ズーラシアのクリスマスキャンドルナイト12/24まで!


横浜市の旭区にある「ズーラシア」では、クリスマスキャンドルナイトを開催中です。このキャンドルナイトは開演以来初のイベント!

亜寒帯の森に「サンタクロースの森」が出現。隣接するオージーヒルレストラン前には6.5mのズーラシアオリジナルクリスマスツリーが登場しています。

「ズーラシア」の「クリスマスキャンドルナイト★」は12月24日(月)まで行われます。

投稿者:zoorasia424 さん
投稿日:2012/12/03
撮影場所:横浜市 ズーラシア

【参考情報】
▽よこはま動物園ズーラシア | イベント
http://www2.zoorasia.org/event-detail/20121029-6

この記事を印刷する

鎌倉文学館で収蔵品展「ミステリー作家・翻訳家」を開催中です


鎌倉文学館ホームページより

鎌倉文学館ホームページより

鎌倉市の鎌倉文学館は、収蔵品展鎌倉文人録シリーズ7「ミステリー作家・翻訳家」を開催しています。2013年4月21日(日)まで。

日本の推理小説の草分けと言われる黒岩涙香をはじめ、「八つ墓村」の横溝正史、「ドグラ・マグラ」の夢野久作、現代では「ビブリア古書堂の事件手帖」の三上延など、14人を収蔵資料を中心に紹介しています。

また、同館では「鎌倉文学館でクリスマス」として12月25日(火)まで、中学生までの子どもと家族で来館すると、子どもと大人1人が無料になる「クリスマス・ファミリー割引」も実施しています。常設展示室もクリスマス仕様に飾り付けられ、文豪のクリスマスにまつわる作品を紹介しているとのこと。

ぜひ、家族で出かけてみてはいかがですか?

鎌倉ゆかりの文学者をジャンルで紹介する鎌倉文人録シリーズ。第7回はミステリーと翻訳を取り上げます。

【引用元】開催中の展覧会(鎌倉文学館)

http://www.kamakurabungaku.com/exhibition/index.html

この記事を印刷する

【動画】動物と一緒にクリスマスを楽しもう!「のげやまクリスマス」


野毛山動物園では、12月22日(土)から24日(月・振休)の三日間クリスマスイベントを行います。

動物たちにはクリスマスプレゼントとして、特別な食事を提供。また、チンパンジー展示場の横には、11月20日から大きなクリスマスツリーが登場しています。

のげやまクリスマスは12月22日(土)12月24日(月)まで行われます。

投稿者:nogeyamazoo401 さん
投稿日:2012/12/02
撮影場所:横浜市 のげやま動物園

【参考情報】
▽横浜市立野毛山動物園 | イベント
http://www2.nogeyama-zoo.org/event-detail/nogeyama-2012-11-19-1600

この記事を印刷する

【動画】クリスマスの夜を彩るキャンドルがともる「横濱キャンドルカフェ」


12月22日(土)、23日(日)24日(月)の三日間、運河パークおよびナビオス横浜周辺で、「横濱キャンドルカフェ2012」が行われます。

横浜開港150周年の時に行われた「横濱・開港キャンドルカフェ150」を継続して行われているこのイベント、昨年は、東日本大震災の復興を願う企画などが催され、3日間で19万人の来場者を迎え、大きな賑わいを見せました。

今年も「シルバニアファミリー・ステージショー」や「ジェリービーンズ・コンサート」などが行われます。

キャンドルの点灯は17:00から21:00までです。

投稿者:114lucky さん
投稿日:2011/12/23
撮影場所:横浜市中区 ナビオス横浜周辺

【参考情報】
▽横浜でクリスマスを「横濱キャンドルカフェ2012」 | 公式サイト
http://candle-cafe.jp/

この記事を印刷する