【動画】3/17 「大磯全体を市(いち)にしよう」をテーマとした大磯市(おおいそいち)が開催されます。


3月17日(日)、大磯町で大磯市(おおいそいち)が開催されます。大磯市はメイン会場となるミナト(大磯港)にて開催されるマーケットとマチナカ(町内各地)の店舗・ギャラリー・個人邸によるイベント・ワークショップなどが連携し、大磯の町を満喫してもらうイベントです。

大磯市は、毎月第三日曜日に開催されています。

投稿者:oisoshi さん
投稿日:2011/09/18
撮影場所:大磯町 大磯港

【参考情報】
▽大磯全体を市(いち)にしよう! – 大磯市
http://www.oisoichi.info/

この記事を印刷する

【動画】初詣:大磯町では元旦に御神輿が海へ入ります。「大磯元旦寒中神輿」


大磯町の北浜海岸にある兜岩前では、初春のお祝いと練成を兼ねて、御神輿が勇敢に海中に入ります。

寒風の吹きすさぶなか、勇ましく海の中に突き進む担ぎ手たち。

見ているだけで、元気を分けてもらえそうです。

投稿者:mightymtb さん
投稿日:2011/01/04
撮影場所:大磯北浜海岸

【参考情報】
▽大磯寒中神輿~ イソタビドットコム -大磯町観光情報
http://www.isotabi.com/event-mikoshi.htm

この記事を印刷する

大磯の水産加工会社が、地魚の生ハムや薫製を開発。販売を始めました


湘南経済新聞より

湘南経済新聞より

大磯町の水産加工会社が、地魚を使った生ハムや薫製を開発し、販売を始めました。

朝とれた魚を、その日のうちに加工。魚好きの方はもちろん、「新鮮なうちにさばいて臭みがないので、魚が駄目という方にむしろ食べてもらいたい」という自信作。地元で販売しているそうなので、大磯に出かける際にはぜひお土産にしたいですね。

大磯の水産加工会社「湘南定置水産加工」(神奈川県中郡大磯町西小磯)は9月25日、商品開発を進めてきた地魚を使った「生ハム」などの販売を開始した。

完成したのは、「漁師さんのつくった地魚の生ハム (塩うずわ)」 (525円)、「漁師さんのつくった地魚の薫製」 (サバ、ワカシ、630円)など。新鮮なうちに加工、丁寧に作ることで魚本来のうま味を引き出し、塩だけしか使わず無添加なのが特徴。

【引用元】大磯の水産加工会社、「漁師さんのつくった地魚の生ハム」発売(湘南経済新聞)

http://shonan.keizai.biz/headline/1591/

この記事を印刷する

【動画】彼らがいるから、遊べる。楽しめる。水遊びの後には彼らにも感謝を!


水遊びに行った時、サングラスをかけた監視員がいます。真っ黒な肌の彼らは夏の風景の一部でもあります。

彼らは、事故がないように、万一事故が起こったらすぐに救助出来るように毎日の鍛錬を欠かしません。

彼らにも良い思い出の夏を過ごして欲しいですね!

投稿者:Rasta Sato さん
投稿日: 2012/09
撮影場所:大磯ロングビーチ

one summer day of lifeguard from Rasta Sato on Vimeo.

▽神奈川県ライフセービング連盟
http://www.lifesaving.ne.jp/lifesaving/club.html

▽大磯ライフセービングクラブ
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-Marine/5252/

▽大磯ロングビーチ
http://www.princehotels.co.jp/pool/oiso//

この記事を印刷する

いよいよ7月、神奈川県の海開き情報はこちらで!湘南をはじめ、横浜や小田原、湯河原の海水浴場まで網羅


三浦海岸海水浴場(「観光かながわNow」ホームページより)

三浦海岸海水浴場(「観光かながわNow」ホームページより)

7月に入ると、神奈川県内の海水浴場も一斉に海開きです。
7月1日から泳げるのは、藤沢市、鎌倉市、平塚市の海水浴場。その他の地域も、順次海開き、8月いっぱいまで海水浴を楽しむことができます。
海の家情報も記載されているので、出かける前には是非チェックしてみてくださいね。

また今年も、どの海岸も放射線量などを測り、安全なビーチを提供しています。

神奈川県内の海水浴場の海開き情報、アクセス方法、海の家情報、問い合わせ先を紹介します!
海水浴場では、避難経路などの確認をお願いします。
地震発生時に津波等の危険性がある場合は、スタッフの避難誘導に従って速やかに避難してください。
神奈川県には楽しいビーチがいっぱい!
晴れの予報ならば、友達やカップルや家族づれで迷わず海水浴へ行きましょう!

【情報源】
2012年海開き情報(「観光かながわNow」ホームページ)
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/source/topics/umi/

この記事を印刷する