小田原、箱根エリアなどに100体のドラえもんフィギュアが登場!「ドラえもん100展」3/9から開催です


ドラえもん100展公式サイトより

ドラえもん100展公式サイトより

小田急グループは3月9日(土)から31日(日)まで、小田急線小田原駅や箱根エリアなどで、さまざまなひみつ道具を持つ100体のドラえもんフィギュアを展示するイベント「ドラえもん 100展」を開催します。

イベントのテーマは「箱根is Dream Museum」。箱根から夢や希望、そして元気を届けることを目的としていて、東日本大震災復興支援の一環です。

箱根旅行の出発点である小田急線新宿駅をはじめ小田原駅、箱根エリア内8か所に、異なる表情や姿をした計100体のドラえもんフィギュアを設置。特に、メイン会場となる箱根エリア桃源台駅一般駐車場には、最大となる60体が並びます。

100体のフィギュアには二次元コードがついており、スマートフォンなどで読み取ることで「ひみつ道具」や「元祖ドラえもん」についての解説を読むことができます。イベント参加者は、公式サイトに「ひみつ道具を利用してかなえたい夢」を投稿。100以上の夢が集まったとき、東日本大震災復興支援活動への寄付を行うそうです。

小田急グループでは、2013年3月9日(土)から3月31日(日)まで、小田急線新宿駅、小田原駅、箱根エリア内において、さまざまなひみつ道具を持つ100体のドラえもんフィギュアを展示する「ドラえもん 100展」を開催いたします。

【引用元】ニュースリリース(小田急電鉄)

http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7923_3338105_.pdf

▽ドラえもん100展公式サイト

http://www.odakyu-dora100.jp/

【関連記事】箱根ロープウェイが藤子・F・不二雄作品のキャラクターゴンドラを運行(かなマグ.net 2012年11月16日)

http://kanamag.net/archives/51636

 

この記事を印刷する

ビールや発泡酒1ケース売り上げで1円寄付。キリンが神奈川フィル支援キャンペーンを始めます


神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホームページより

神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホームページより

キリンビールマーケティング横浜支社は、神奈川県内でのビールや発泡酒など対象商品の売り上げの一部を神奈川フィルハーモニー管弦楽団に寄付するキャンペーンを、3月1日(金)から始めます。

対象商品は「一番搾り」「淡麗」などで、1ケースにつき1円を「神奈フィル ブルーダル基金」に寄付。キャンペーンは5月末まで実施します。

 このたび、横浜生まれのキリン(キリンビールマーケティング㈱横浜支社 大木忠彦支社長)より、キャンペーンの実施を通じて神奈川フィルをご支援いただけることになりました。

【引用元】3月よりキリンビールマーケティング㈱横浜支社による支援キャンペーンが実施されます(神奈川フィルハーモニー管弦楽団)

http://www.kanaphil.or.jp/Bluedal/bluedal_report_detail.php?id=1160

 

【関連記事】 開演前の「ドキドキ」が伝わるポスターの魅力を伝えたい /グラフィックデザイナー 中川憲造さん(かなマグ.net 2012年11月22日)

http://kanamag.net/archives/52202

苦難を乗り越え、音楽で感動の種まきを/財団法人 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 専務理事 大石修治さん(かなマグ.net 2012年6月14日)

http://kanamag.net/archives/36383

 

 

 

 

 

この記事を印刷する

維持管理に1本1万円から寄付。県は「かながわ街路樹パートナー制度」参加者を募っています


樹木板のイメージ(神奈川県ホームページより)

樹木板のイメージ(神奈川県ホームページより)

県は、個人や企業・団体からの寄付を街路樹の維持管理に役立てようと、「かながわ街路樹パートナー制度」の2012年度参加者を募集しています。

本年度は、横須賀市内の国道134号と県道26号を募集。寄付をすると、名前やメッセージを書いた樹木板か表示板が5年間設置されます。

価格は1本1万円から。家族の記念に、また会社や団体ではPRになりそうですね。

県では、平成22年度から、街路樹を多様な主体の参加により守り育てていくことを目的として、応募された方々から街路樹を守り育てるための寄附(募金)を頂き、維持管理費として役立てるかながわ街路樹パートナー制度」を進めています。

【引用元】「かながわ街路樹パートナー」を募集します!(神奈川県記者発表資料)

http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p534680.html

【関連記事】1本1万円から参加できる「かながわ街路樹パートナー」募集!県が管理する街路樹に寄附をすると、あなたの名前とメッセージが樹木板に刻まれます(かなマグ.net 2011年11月9日)

http://kanamag.net/archives/24177

この記事を印刷する

一緒に、夢の親子カフェをつくりませんか? 横浜・戸塚の「こまちぷらす」が備品などの寄付を募っています


こまちぷらすが設立準備中の、夢の親子カフェ「構想図」(こまちばこより)

こまちぷらすが設立準備中の、夢の親子カフェ「構想図」(こまちばこより)

横浜市戸塚区在住の育児中の母親でつくる子育て支援団体「こまちぷらす」(森祐美子代表)は、同区内に「夢の親子カフェ」を設立しようと、準備を進めています。

見守りスタッフと子どもが遊ぶ横でゆっくり食事をしたり、子ども連れでも働けたりと「親子で楽しめ、親子で働ける場」を目指しています。

現在、カフェの備品や設立資金を募集中。寄付の目標金額は20万円だそうです。食器やオーブンレンジなど、家庭で不要になった備品も募っています。

「きれいに整ったカフェというよりは、来てくださるお客さまや共感してくださるみなさまと一緒につくりあげるカフェを目指しています。出来上がった際にはぜひ遊びにいらしてください」と同団体。

一緒に、夢の親子カフェをつくりませんか?

現在こまちぷらすは、この夢のカフェづくりのために準備をしています!

こんなカフェが戸塚でできたらいいな!と共感してくださる方、是非資金面でもお力を貸してください!

「家に眠っているもの」「買い替えに伴って破棄しようとしている」ものありませんか?是非カフェの一部にさせてください。

 

【引用元】一緒に新しいカフェを作りませんか(こまちぷらすのこまちばこ)

http://comachiplus.org/wp/makecafe

 

 

この記事を印刷する

県指定NPO法人制度など解説 パンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」


神奈川県が発行したパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」(神奈川県ホームページより)

神奈川県が発行したパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」(神奈川県ホームページより)

神奈川県は、県が全国に先駆けて始めた「県指定NPO法人制度」や新しいNPO法人制度のポイントを解説するパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」を発行しました。

NPO法改正によって、NPO法人への寄付がしやすくなることや、NPO法人が作成すべき会計書類が変更されたことなどをイラストや表などで分かりやすく紹介しています。現在NPOに携わっている人はもちろん、これからNPOとして活動したい人も必読の内容です。

パンフレットは、神奈川県ホームページからもダウンロードできます。

NPO法人への個人からの寄附金について税制優遇措置を拡大し、NPO法人への寄附を促進するとともに認定NPO法人の認定数の大幅な拡大をめざす寄附税制改革関連法が、平成23年6月に成立しました。

そこで、県では、全国に先駆けて、地方税法第37条の2第1項第4号の規定により控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を指定するための基準、手続等を定める条例(以下「基準、手続条例」といいます。)を制定し、平成24年2月に施行しました。

これにより、認定NPO法人に限らず、その他のNPO法人への寄附金についても、県が条例で個別に指定することにより、個人住民税(都道府県民税)の4%が税額控除の対象となります。

[県指定NPO法人に寄附をした場合]
・ 原則として、寄附金から2,000円(適用下限額)を引いた額の4%が県民税から税額控除されます。

 

【情報源】県指定NPO法人制度(神奈川県ホームページ内)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f370165/

 

▽リンク

パンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/448731.pdf

この記事を印刷する