川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」。秋の一般公開が始まりました


パーゴラにこぼれるバラを眺めながらベンチで過ごすひととき(生田緑地ばら苑ホームページより)

パーゴラにこぼれるバラを眺めながらベンチで過ごすひととき(生田緑地ばら苑ホームページより)

川崎市多摩区の生田緑地ばら苑は毎年、バラの開花時期に合わせて春と秋に一般公開されます。

2012年秋の公開期間は、10月11日から11月4日まで。440種、約4000株のバラが咲き誇ります。

期間中は、同苑ブログで開花状況などのお知らせもアップされます。ブログによると、現在ばら苑は3分咲き。満開に近い品種もあるそうです。

生田緑地ばら苑は、毎年、バラの開花時期に合わせて、春と秋に一般公開しています。今年の秋の公開期間は10月11日(木)から11月4日(日)まで。香り立つ秋のバラをお楽しみください。

【情報源】生田緑地ばら苑

http://www.ikuta-rose.jp/index.html

▽リンク

生田緑地ばら苑ブログ

http://ikuta-rose.txt-nifty.com/blog/

▽関連記事

期間限定!川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」が開苑します。ばらの季節を存分にお楽しみください♪(かなマグ.net 2011年10月6日)

http://kanamag.net/archives/20141

 

この記事を印刷する

「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」夏休み期間は無休、開館時間延長。7月20日から9月3日まで。


「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」のミュージアムカフェの限定メニュー「スネ夫ヘアーチョコクレープALOHAバージョン」(700円)/msn.産経ニュース ホームページより

「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」のミュージアムカフェの限定メニュー「スネ夫ヘアーチョコクレープALOHAバージョン」(700円)/msn.産経ニュース ホームページより

「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」では、多くの来場者が訪れる夏休み期間に混雑緩和とサービスの向上につなげるため、無休、開館時間を延長します。期間は7月20日から9月3日。閉館時間が午後7時までの1時間延長となります。

また同館では8月31日まで、期間限定イベント「ハワイフェア~スネ夫の夏休み~」を開催中。ハワイ旅行を自慢するスネ夫をイメージし、リゾート気分たっぷりのノンアルコールトロピカルカクテル3種類(各550円)のほか、サングラスをかけた「スネ夫ヘアーチョコクレープALOHAバージョン」(700円)などの限定メニューをミュージアムカフェで味わえます。さらにミュージアムショップでは、ステッカー(各158円)やミニタオル(各420円)などの限定グッズを販売。プリントシール機にも、ビーチでくつろぐスネ夫など限定柄が登場するので、親子で出かけてみてはいかがでしょうか?

無休、開館時間の延長はいずれも20日から9月3日まで。休館日の火曜も開館し、時間は現行の午前10時から午後6時までを1時間延長し、午後7時までとする。小田急、JR登戸駅からのシャトルバスも開館時間延長に合わせて午後6時台以降4便を増便する。

【情報源】
7月から「スネ夫フェア」 川崎市藤子ミュージアム(msn.産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120630/kng12063021190000-n1.htm

▽リンク
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
http://fujiko-museum.com/pc.php

この記事を印刷する

藤子・F・不二雄ミュージアムへ行ったら、半券は無くさずに!近隣3施設の入場料が2割引になります


川崎市の生田緑地案内マップ(東京新聞より)

4月28日から12月28日まで、藤子・F・不二雄ミュージアムの半券を提示すると、周辺3施設の入園料や観覧料が2割引きに。
リニューアルオープンした「かわさき宙と緑の科学館」と、「岡本太郎美術館」、「日本民家園」が対象で、ミュージアムに入館してから2ヶ月間は、何度でも割引を受けられます。

一度にたくさん回れなくても、これなら何回かに分けて、たっぷり生田緑地を堪能できますね。

「川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム」(多摩区)の来館者が入館券の半券を提示すれば、近くの生田緑地の三施設(かわさき宙と緑の科学館=二十八日オープン、岡本太郎美術館、日本民家園)の入園料や観覧料が二割引きになる制度が、二十八日から十二月二十八日まで試験実施される。
 同ミュージアムは昨年九月の開館以来、三月末までに、全国から約三十万八千人が来館している人気スポット。来館者を生田緑地にある他の施設に誘導しようという戦略。市の担当者は「ミュージアムに来たのをきっかけに周りの施設も知ってもらえれば」と期待している。

【情報源】
東京新聞:隣接3施設もお得に 藤子ミュージアムの半券提示で:神奈川(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120427/CK2012042702000085.html

【関連リンク】
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム
http://fujiko-museum.com/
かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市青少年科学館)サイエンスプリン
http://www.nature-kawasaki.jp/
川崎市岡本太郎美術館
http://www.taromuseum.jp/
川崎市立日本民家園
http://www.city.kawasaki.jp/88/88minka/home/minka.htm

この記事を印刷する

川崎市多摩区に、コミュニティカフェ「まめり」がオープン!市民団体「まめな人生」が運営の手づくり感覚のカフェ


明日3/31、川崎市多摩区(小田急線「読売ランド駅前」徒歩15分)にコミュニティカフェ「まめり」がプレオープンします。NPO法人「まめな人生」(認証申請中)が運営。
コミュニティカフェ「まめり」では、地産地消の食材を使った朝ごはん昼ごはん晩ごはんとおやつの提供、地域作業所の製品を販売する予定。

コミュニティーカフェ「まめり」時間は午前10時から午後3時まで。

【情報源】
コミュカフェまめりが開店 | 多摩区 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0203/2012/03/30/140142.html
▽リンク
NPO法人「まめな人生(認証申請中)」ブログ
http://mamenajinsei.blog.so-net.ne.jp/

この記事を印刷する

期間限定!川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」が開苑します。ばらの季節を存分にお楽しみください♪


生田緑地ばら苑/春版リーフレットより

生田緑地ばら苑/春版リーフレットより

生田緑地ばら苑は、2002年に閉園した向ケ丘遊園の中のばら苑を、川崎市が引き継いだもので、ばらが開花する、春と秋にだけ開苑します。
公開期間中には、ばらに関する講演会や、地元の学生たちの演奏会やパフォーマンスなども楽しめます!
写真も自由に撮影することができますので、可能な方は是非平日の来苑がオススメです。

生田緑地ばら苑は、毎年、バラの開花時期に合わせて、春と秋に一般公開しています。今年の秋の公開期間は10月13日(木)から11月6日(日)まで。香り立つ秋のバラをお楽しみください。
開催期間 平成23年 10月13日(木)から11月6日(日)まで
(期間中は特派員が最新の様子をブログにて毎日お伝えします)
休苑日 月曜日(10月17日、24日、31日)
開苑時間
[火~金] 午前10時~午後4時00分まで
[土日祝] 午前9時~午後4時00分まで
  ※ (いずれも最終入苑は午後3時30分までとなります)
入苑料 無料 (「ばら苑募金」にご協力をお願いします)
バラの種類(秋)440種、約4,000株(大輪、四季咲き中輪、ミニバラ)
所在地 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号 アクセスはこちら

【情報源】
開苑スケジュール | 生田緑地ばら苑
http://www.ikuta-rose.jp/open.html
▽リンク
生田緑地ばら苑ブログ
http://ikuta-rose.txt-nifty.com/

この記事を印刷する