「最後の宮大工」と称された西岡常一氏を描いたドキュメンタリー作品「鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言」の上映会を小田原「清閑亭」で開催。


昨年の「小田原映画祭」の様子(小田原箱根経済新聞ホームページより)

昨年の「小田原映画祭」の様子(小田原箱根経済新聞ホームページより)

小田原市の登録有形文化財「清閑亭」で9月22日・23日、上映会「『鬼に訊け』in清閑亭」が開催されます。上映開始は15時。参加費は1000円(ドリンク・菓子付き)。定員は各回40人(23日は満席)。

6回目を迎える「小田原映画祭シネマトピア2012」(9月22日~30日)の一環で開かれる同上映会。当日は、「鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言」は、法輪寺三重塔、薬師寺金堂・西塔の再建を棟梁(とうりょう)として手掛け、「法隆寺の鬼」「最後の宮大工」と称された西岡常一さんを描いたドキュメンタリー作品を上映する。23日の上映終了後、トークセッション「木づかい文化の復権」も予定。

【情報源】
小田原・清閑亭で上映会ー宮大工を追ったドキュメンタリー上映ー(小田原箱根経済新聞)
http://odawara-hakone.keizai.biz/headline/983/

▽リンク
清閑亭ブログ「邸園交流でまちづくり」
http://machien5.exblog.jp/

この記事を印刷する

重陽の節句を地元の和菓子で楽しむ会が小田原市の登録有形文化財「清閑亭」で開催されます。


重陽のお菓子ビュッフェ(小田原箱根経済新聞ホームページより)

重陽のお菓子ビュッフェ(小田原箱根経済新聞ホームページより)

小田原市の登録有形文化財「清閑亭」で五節句の一つ「重陽の節句」と言われる9月9日、「重陽のお菓子ビュッフェ」が開催されます。開催時間は11時~16時。参加費は500円(茶菓代)。定員は先着30人。

当日は地元和菓子店の菓子を用意し、「重陽の節句」を祝います。地元の名菓を一度に味わえるチャンスなので、是非、参加されてみてはいかがでしょうか?

中国では奇数が縁起のよい陽の数とされており、一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を「重陽」と呼ぶようになった。めでたい日として不老長寿を願う日となり、菊が咲く時期ということから「菊の節句」ともいわれている。

【情報源】
重陽の節句を和菓子と共に楽しむ会、小田原・清閑亭で開催へ(小田原箱根経済新聞)
http://odawara-hakone.keizai.biz/headline/974/

▽リンク
清閑亭ブログ「邸園交流でまちづくり」
http://machien5.exblog.jp/

この記事を印刷する

子ども&浴衣着用の大人は入場無料!あの小津安二郎も愛した明治32年創業の老舗旅館「茅ヶ崎館」で恒例の「茅ヶ崎 千波屋 納涼会」を開催中。


茅ヶ崎 千波屋 納涼会 チラシ

茅ヶ崎 千波屋 納涼会 チラシ

湘南、茅ヶ崎が誇る登録有形文化財「茅ヶ崎館」は、明治23年創業の老舗旅館。映画監督の故・小津安二郎氏が「東京物語」などの名作を書き上げた場所として有名です。その「茅ヶ崎館」で本日8/18、14時より毎年恒例の夏まつり「茅ヶ崎 千波屋 納涼会」が開催されます。時間は21時まで。木戸銭500円。ただし、小学生以下と浴衣着用の方は無料。

特設20mの「流しそうめん」や「みやじ豚のグリル」、「小津風味すき焼き丼」などの個性溢れる屋台のほか、苔玉、花飾り作りなどのワークショップ、元ラヴタンバリンズのeliさんによるライブなども予定されています。海水浴の後の夕涼みに出かけてみてはいかがでしょうか? 問い合わせは【電話】0467-82-2003 【メール】info@chigasakikan.co.jpまで。

明治の作家、江見水蔭が茅ヶ崎館を舞台に書いた小説「霙(みぞれ)」文中に茅ヶ崎館は「千波屋(せんばや)」という旅館として登場します。
この小説は、当時の茅ヶ崎の海岸付近の風景が細かに記されており、古き良き茅ヶ崎の風景をしのぶことができます。

▽リンク
茅ヶ崎 千波屋 納涼会 Facebookページ
https://www.facebook.com/senbaya2012

茅ヶ崎館
http://www.chigasakikan.co.jp/

この記事を印刷する