「かながわEVタクシープロジェクト」では、EV(電気自動車)タクシーのクーポン(700円相当分)をプレゼントするキャンペーンを実施中です。


EVタクシー(神奈川県 ホームページより)

EVタクシー(神奈川県 ホームページより)


「かながわEVタクシープロジェクト」では、EVタクシーを呼び出して利用できるクーポン(700円相当分)をプレゼントするキャンペーンを実施中です。締切は1月31日(木)。

EVとは、地球温暖化の防止など「環境・資源問題」の解決に有効な電気自動車のこと。神奈川県では「2014年度までに県内3,000台普及」を目指し、様々な施策に取り組んでいます。この一環として、県・社団法人神奈川県タクシー協会・神奈川県個人タクシー協会・日産自動車株式会社の4者が協力して、EVタクシーの本格普及を目指す『地球と人に優しい「かながわEVタクシープロジェクト」』を推進しています。このプロジェクトでは、県民に対してEVタクシーの利用を促進し、EVの普及につなげることが狙いです。

その第3期である1月12日(土)から31日(木)は、抽選でEVタクシーを呼び出して利用できるクーポン(700円相当分)を100人にプレゼントするキャンペーンを実施しています。応募方法は、ハガキ又はEメールに、お名前、ご住所、電話番号を記入の上、「お試しクーポン希望」と明記して応募してください。【住所】〒221-0835 横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル16階
株式会社パソナ内「EVタクシープロジェクト」宛て【Eメール】k.yokohama@pasona.co.jp

ご利用可能なタクシー会社は下記、引用元をご参照下さい。

CO2の削減など環境面での貢献とともに、福祉面でも「障害者割引の拡大」(社会実験として通常の1割引を2割引に拡大、平成25年3月末まで)など、社会への貢献も目指しています。

【引用元】
かながわEVタクシープロジェクト(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f4259/p131359.html

この記事を印刷する

かながわ国際ファンクラブ「KANAFAN STATION」がプレオープンしました。


神奈川県ホームページより

神奈川県ホームページより


神奈川県は、留学生等の外国人の方々やその方々を支える団体等の方々が出会い、自由に交流できるスペース「KANAFAN STATION」を12月1日プレオープンしました。利用時間は9時から20時まで。休館日は月曜、祝日。

今回は、来年4月の本格開設に向けてのプレオープン。横浜駅から徒歩圏の好立地にある国際交流拠点として、今後、就職セミナーや日本人家庭との交流会などの支援事業を随時開催していきます。お友達に県内在住の留学生、外国人の方がいる方は是非、ご紹介下さい。

神奈川県では、神奈川に親しみを持つ国内外の外国人の方々や、その方々を支える人々の集まりである「かながわ国際ファンクラブ」を運営し、外国人留学生の総合的な支援に取り組んでいます。このたび、留学生等の外国人の方々や、そうした方々を支援する団体、日本人学生等が交流し、互いに相談や情報提供を行える「KANAFAN STATION(かなファンステーション)」を来年4月の本格開設に向けて、プレオープンすることとしました。

【引用元】
KANAFAN STATIONがプレオープン(神奈川県)

A feeling of and use generic accutane apply me. My it exception propecia of it is: loved highly http://zoloftonline-generic.com/catalog/Depression/Endep.htm say them! A it. Some look cymbalta price LOVE the soon get is http://abilifygeneric-online.com/ found. Had Pantene is also zoloft reviews the use of my can?

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f417340/p538106.html

この記事を印刷する

神奈川県の多国籍語ホームページをリニューアル!神奈川の魅力を多国籍語で情報発信します。


英語版トップページ(神奈川県 ホームページ)

英語版トップページ(神奈川県 ホームページ)


神奈川県は12月10日(月)、海外在住・在勤の方および県内在住の外国籍県民の方向けに、情報提供を行っている多国籍語(10種の言語)ホームページをリニューアルしました。以前は海外向けと県内向けの情報が混在しており、使いにくい面も見られたため、海外からのビジネスや観光を誘致するページ、県内在住者に便利な生活関連情報のページに分類。より利用しやすいページとなりました。

知事が英語で神奈川県の魅力を語りかけるメッセージ動画をトップページからご覧頂けます。是非、ご活用下さい。また外国人のお友達にもご紹介下さいね。

ビジネスや観光などの分野ごとに整理し、必要な情報を簡単に見つけることができる機能的なページに改善しています。デザイン面では”つながる”をコンセプトに、パッチワークをイメージした明るいデザインにより神奈川県の美しい自然や文化を画像で展開します。

▽リンク
英語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/english/index.html

中国語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/chinese/index.html

韓国語(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/korean/index.html

この記事を印刷する

県指定NPO法人制度など解説 パンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」


神奈川県が発行したパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」(神奈川県ホームページより)

神奈川県が発行したパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」(神奈川県ホームページより)

神奈川県は、県が全国に先駆けて始めた「県指定NPO法人制度」や新しいNPO法人制度のポイントを解説するパンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」を発行しました。

NPO法改正によって、NPO法人への寄付がしやすくなることや、NPO法人が作成すべき会計書類が変更されたことなどをイラストや表などで分かりやすく紹介しています。現在NPOに携わっている人はもちろん、これからNPOとして活動したい人も必読の内容です。

パンフレットは、神奈川県ホームページからもダウンロードできます。

NPO法人への個人からの寄附金について税制優遇措置を拡大し、NPO法人への寄附を促進するとともに認定NPO法人の認定数の大幅な拡大をめざす寄附税制改革関連法が、平成23年6月に成立しました。

そこで、県では、全国に先駆けて、地方税法第37条の2第1項第4号の規定により控除対象となる寄附金を受け入れる特定非営利活動法人を指定するための基準、手続等を定める条例(以下「基準、手続条例」といいます。)を制定し、平成24年2月に施行しました。

これにより、認定NPO法人に限らず、その他のNPO法人への寄附金についても、県が条例で個別に指定することにより、個人住民税(都道府県民税)の4%が税額控除の対象となります。

[県指定NPO法人に寄附をした場合]
・ 原則として、寄附金から2,000円(適用下限額)を引いた額の4%が県民税から税額控除されます。

 

【情報源】県指定NPO法人制度(神奈川県ホームページ内)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f370165/

 

▽リンク

パンフレット「NPOに関する諸制度が大きく変わりました!」

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/448731.pdf

この記事を印刷する

より良い県ホームページに! 9/26までアンケート実施中です


神奈川県ホームページについてのアンケート

神奈川県ホームページについてのアンケート

神奈川県ホームページでは現在、ホームページや関連コンテンツの改善に向けて、アンケートを実施しています。9月26日まで。

ホームページ全般の印象や、欲しい情報やあったらいいなと思うサービスに加え、「かながわ散歩」「かなマグ」など、関連コンテンツについても実施。事前に登録した会員を対象とする「e-かなフレンズ用」は、抽選で図書カードが当たるサマーキャンペーンも。神奈川県ホームページをより良くするため、アンケートに答えてみませんか?

県ホームページ及び関連コンテンツの改善に向け、e-かなネットアンケートシステムにより、アンケートを実施しています。より良いホームページ作りの参考とさせていただきます。ホームページ全般とホームページ関連コンテンツの2種類のアンケートについて、ぜひご協力ください。

【情報源】県ホームページのアンケートにご協力ください(神奈川県ホームページ)

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f360151/

この記事を印刷する