春の妖精「カタクリ」、横浜市緑区県立四季の森公園で開花。2週間しか咲かない姿を見逃さないで!


かれんな花を咲かせたカタクリ(読売新聞より)

かれんな花を咲かせたカタクリ(読売新聞より)

カタクリは、神奈川県内では相模原市の「城山カタクリの里」が有名ですが、緑区の「県立四季の森公園」でも3月末に開花が確認されたそうです。

開花期間が2週間ほどととても短いため、「森の妖精」とも呼ばれているカタクリ。
是非、そのかれんな姿を観察に行ってみてはいかがでしょうか?

また県立四季の森公園では、公園内北口ビジターセンターで「四季の森公園写真展」を開催。
これは、四季の森公園の来場者が、家族や友人とのひと時」や「自然美」などを撮影した写真の展示です。4/30まで開催しています。

 カタクリはユリの仲間の多年草。「春の妖精」として親しまれている。直径4センチほどの赤紫色の花を下向きに咲かせ、雨が降ると花びらを閉じる。生育環境の変化などから、本県では絶滅が心配されている。
 例年に比べ、開花が2週間ほど遅れており、3月末頃には見頃を迎えそうだという。問い合わせは、管理事務所(045・931・7910)へ。

【情報源】
春の妖精カタクリ かれん : 神奈川 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://bit.ly/H0rNF9
▽リンク
県立四季の森公園
http://www.kanagawaparks.com/shikinomori/

この記事を印刷する

「Mr.フラワーバレンタイン」に、横浜FCのキングカズが選ばれました!男性から女性に花を贈る「フラワーバレンタイン」、今からでも遅くないですよ♪


Mr.フラワーバレンタインに選ばれた、横浜FC三浦知良選手(毎日新聞デジタルより)

Mr.フラワーバレンタインに選ばれた、横浜FC三浦知良選手(毎日新聞デジタルより)

男性が女性に花を贈る「フラワーバレンタイン」、ご存知ですか?
2010年11月に発足したフラワーバレンタイン推進委員会が、もともと「男女がお互いに愛や感謝の気持ちを伝えあう日」であるバレンタインデーを「男性から女性に花を贈る2月14日」にしていきませんか?と、男性の花贈りを応援しているのです。
そして、その応援大使「Mr.フラワーバレンタイン」として横浜FCのキングカズこと、三浦知良選手が選ばれました。

神奈川は、平塚・秦野をはじめとするバラの産地。今年のバレンタインデーは、男性から女性にお花を贈ってみてはいかがですか?

「Mr.フラワーバレンタイン」は、欧米諸国でバレンタインデーの日に男性が女性にメッセージカードとともに花を贈る慣例にちなみ、花が似合い、花の贈り方を伝授する良いお手本となる男性に授与する賞で、初代「Mr.フラワーバレンタイン」にヨーロッパ文化にも造詣が深い三浦選手が選ばれた。
三浦選手は、花を贈るのは赤いバラと決めているといい、「女性の強さと赤いバラの強さが似ているんじゃないかなと思う」と話し、「(日本の男性も)恥ずかしがらずに花を女性に贈るのをスタイルにしていけばいいんじゃないんですかね」とアドバイスを送った。

【情報源】
三浦知良:初代「Mr.フラワーバレンタイン」に – MANTANWEB(まんたんウェブ)
http://bit.ly/w5Yx3t
▽リンク
フラワーバレンタイン|新しいバレンタイン、はじまっています「男性から女性に花を贈る2月14日」
http://www.flower-valentine.com/

この記事を印刷する

真冬に咲くチューリップ?!「くりはま花の国」で約3,000本が見頃に


くりはま花の国で咲いたピンクや黄色のアイスチューリップ(横須賀経済新聞より)

くりはま花の国で咲いたピンクや黄色のアイスチューリップ(横須賀経済新聞より)

真冬に花開く「アイスチューリップ」を知っていますか?

球根を冷凍貯蔵し、野外に出すことで温度差が生じて「春が来た」と勘違いして真冬でも花開くそう。くりはま花の国では、ピンク・黄・紫・赤のアイスチューリップが見頃を迎えています。

無料で利用できる「ハーブ足湯」もあるので、冬でもポカポカ暖まりながら花を眺めることができますよ。

 「足湯ぽかぽかキャンペーン」を開催中で、ハーブ園窓口で「くりはなちゃんタオル」(500円)を購入すると、スパバックとハーブの種をプレゼント(先着100人)。2月26日まで。

入場無料。ハーブ園・足湯は月曜定休。問い合わせは同園(TEL 046-833-8282)まで。

【情報源】
真冬に花開く、アイスチューリップ-「くりはま花の国」で見頃に – 横須賀経済新聞
http://yokosuka.keizai.biz/headline/721/

▽リンク
くりはま花の国
http://www.kanagawaparks.com/yokosuka/kurihama/index.html

この記事を印刷する

秦野でシクラメンの出荷がまもなくピークに-JAはだのから市に寄贈も


シクラメン

秦野でシクラメンの出荷がまもなくピークに(タウンニュース秦野版より)

シクラメンの産地である秦野市では、まもなく出荷がピークを迎えます。毎年11月下旬から12月下旬が出荷シーズンで、秦野市は県内を代表する産地のひとつ。出荷量は約16万6千鉢で、県内第2位のシェアとなっています(2005年、関東農政局横浜統計・情報センター)。

市を代表する特産花の一つ「シクラメン」の出荷が始まった。12月上旬をピークに、クリスマス前まで出荷作業は続く。

【情報源】
シクラメンの出荷はじまる ピークは12月上旬(タウンニュース秦野版)
http://www.townnews.co.jp/0610/2011/11/24/126294.html

▽リンク
秦野特産のシクラメンが出荷シーズン、JAはだのが市に寄贈/神奈川
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1111220022/
はだのじばさんず(JAはだの)
http://www.jakanagawa.gr.jp/hadano/jibasanzu.htm

この記事を印刷する

期間限定!川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」が開苑します。ばらの季節を存分にお楽しみください♪


生田緑地ばら苑/春版リーフレットより

生田緑地ばら苑/春版リーフレットより

生田緑地ばら苑は、2002年に閉園した向ケ丘遊園の中のばら苑を、川崎市が引き継いだもので、ばらが開花する、春と秋にだけ開苑します。
公開期間中には、ばらに関する講演会や、地元の学生たちの演奏会やパフォーマンスなども楽しめます!
写真も自由に撮影することができますので、可能な方は是非平日の来苑がオススメです。

生田緑地ばら苑は、毎年、バラの開花時期に合わせて、春と秋に一般公開しています。今年の秋の公開期間は10月13日(木)から11月6日(日)まで。香り立つ秋のバラをお楽しみください。
開催期間 平成23年 10月13日(木)から11月6日(日)まで
(期間中は特派員が最新の様子をブログにて毎日お伝えします)
休苑日 月曜日(10月17日、24日、31日)
開苑時間
[火~金] 午前10時~午後4時00分まで
[土日祝] 午前9時~午後4時00分まで
  ※ (いずれも最終入苑は午後3時30分までとなります)
入苑料 無料 (「ばら苑募金」にご協力をお願いします)
バラの種類(秋)440種、約4,000株(大輪、四季咲き中輪、ミニバラ)
所在地 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号 アクセスはこちら

【情報源】
開苑スケジュール | 生田緑地ばら苑
http://www.ikuta-rose.jp/open.html
▽リンク
生田緑地ばら苑ブログ
http://ikuta-rose.txt-nifty.com/

この記事を印刷する