10/6、小田原の古道と森を歩くツアーが開かれます


ブナ林の状況も観察する(小田原箱根経済新聞ホームページより)

ブナ林の状況も観察する(小田原箱根経済新聞ホームページより)

小田原の古道・関白道の時代にちなんだ旧跡と周辺の森を訪ねるツアーが10月6日、「小田原山盛の会」の主催で開催されます。

小田原・箱根地域の森や貴重な森の植生を知り、森林の大切さと保護育成を考える同ツアー。今回は博物学者の田代道彌さんを講師に迎えて実施される。御所山砦跡と関白道、箱根神社ヒメシャラ純林、台ヶ岳・小塚山周辺ブナ林、早雲寺照葉樹林、石垣山一夜城などを歩きながら、森について考える。

全国的にブナは発芽率が落ちているといわれ、丹沢では酸性雨やブナハバチの食害でブナの立ち枯れが進んでいる。小田原・箱根地域でも白銀山の次代の苗は極端に少なく、大観山では8月にブナの落葉が観察された。大観山の場合は、東北で猛威を振るっているウエツキブナハムシという虫の食害で葉を落としていると推測されている。こうした森の状態の視察もバスの中から行われる。

 

【情報源】小田原の「関白道と…いろいろな森を見るツアー」を開催-ブナの立ち枯れも観察(小田原箱根経済新聞)

http://odawara-hakone.keizai.biz/headline/999/

 

▽小田原山盛の会事務局ブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/norako33530/folder/606912.html

 

この記事を印刷する

箱根の古道で9月1日、「動物フィールドサイン観察会」が開かれます


森の中で行われる観察会の模様(小田原箱根経済新聞ホームページより)

森の中で行われる観察会の模様(小田原箱根経済新聞ホームページより)

箱根の古道・関白道で9月1日、生息痕跡から生息する動物種の状態を確認する「動物フィールドサイン観察会~森をつくる動物たち~」が開かれます。

今回の観察会は、箱根・丹沢をフィールドに、長年動物たちの行動や食べ物を調べてきた動物行動学の第一人者である福田史夫さんを講師に迎えて開催。

森の動物たちは自然の中で様々な食べ物を食べて生きている。例えばタヌキは家族でため糞をするが、そこにはタヌキが食べた様々な植物の種子が含まれており、やがて芽生えて森になる。

箱根関白道ルートである大観山~弁天山~白銀山のなだらかな尾根道をコースにして行われる。キツネやウサギ、アナグマやテンなどの足跡、食痕、糞などのフィールドサインを探し、動物たちが生きている証を知り、小田原から箱根の森の状態を観察する。

主催する「小田原山盛の会」の川島範子さんは「生きている森のドラマを観察すると山歩きが100倍楽しくなる」と話す。

標高1000メートル近い山の稜線散歩を楽しみながら、動物たちのフィールドサインを探してみませんか?

【情報源】箱根の古道で「動物フィールドサイン観察会」(小田原箱根経済新聞)

http://odawara-hakone.keizai.biz/headline/955/

この記事を印刷する